お酒の雑学 | トマト酢生活

| コメント(0) | トラックバック(1)
[お酒の雑学 | トマト酢生活]
[タグ]お酒の雑学焼酎日本酒グルメワインビール,トマト酢生活

50歳以上の2人に1人が血圧が高めと言われています。 トマト酢生活はトマトから生まれた「お酢」のトクホ飲料。1本の中に15,000mgものトマト酢を配合しました。
本商品は、初めての方に限り980円でお試し頂ける10本入りのお試しパックとなります。
ライオンは、健康野菜の代表格トマトに着目、お酢も血圧にいいと言われていることからトマト酢の研究に着手しました。
血圧が高めの方90名にご参加頂いた臨床試験にて、毎日1本のトマト酢生活を飲んで頂いた方は、
収縮期血圧(最高血圧)が10週間で平均約8mmHg低下しました。

「血圧高めの方から注文殺到」⇒

[お酒の雑学 ]

ビールにも「燗」があるんです。それが、ドイツやベルギーで飲まれている「ホットビール」。
「白子酒」。 白子とは、フグの精巣のことで、白子酒はこれに煮えるくらい熱い酒を注いでいただくものです。

二日酔いに良いと言われているツボ=行間(こうかん) 親指と人差し指の付け根にあります。太衝と同じく肝臓のツボで、のぼせや吐き気にも効果 的です。

天ぷらの衣を溶くとき、水の代わりに 衣がカラッと仕上がります。

「とりあえずビール!」は、食欲を増進させ夏バテを防ぐという意味では効果 的。

「乳酸菌が入った青汁」

漬けすぎた魚の味は、"タマザケ"でもう一度復活させることができるのです。
ヨーロッパでの乾杯も、古代、"神または死者のために"お酒を飲むという宗教的儀式が始まりとなっている特別なものです。

「かに酒」: ゆでたカニの甲をはずし、外子を箸で取り出し、卵とともに酒呑みに入れて熱燗を注ぎ、しばらくして頂く。

ビールに苦味を与えるホップの成分に、糖尿病の合併症の腎機能障害などを防ぐ効果があることが新たに分かりました。

心臓病や高血圧の予防になるなど、効用のほどは広く知られているところです。

仕込みをする職人を「杜氏」というが、その語源は「刀自」という言葉に由来する。
漢方の生薬には古来より、焼酎で煎じたり、用いられてきたものも多い漢方薬と同様の薬効を持っている。

米焼酎のまろやかさとあいまって、料理のおいしさを引き立ててくれる。原料と同じ、米を使ったものや、みそ、.豆類を使ったものとも相性がよい。

減圧蒸留 ・蒸気釜の中の圧力を下げ50℃前後の低温で蒸溜を行うので雑味成分が少なく、クセのないいわゆる淡麗系のソフトな味わいになる。

焼酎の「焼」という文字は、モロミを加熱、沸騰させてつくるという蒸留酒の基本的な作業をさしています。また「酎」は濃い酒という意味です。
日本では、長い間「焼酒」と「焼酎」が混用されていたようですが、18世紀ごろから「焼酎」という表現が定着したとされています。なぜ「酒」が「酎」になったのか、一説によると「酒」は中華音で「チュウ」と発音されているところから、日本では字義と音訓を混同して使われるようになり「焼酎」が定着したのではないかと言われています。

古酒・秘蔵酒 =独特の香りと風味、まろやかで淡い黄金色などが特徴のお酒です。(貯蔵期間を明記することが要件).

テレビ通販グッズはダイレクトテレショップで!!

焼酎は水を除くと、99.9%以上がアルコール分なので、そのカロリーはすべてアルコールから生じます。アルコール1g当たりのカロリーは約7kcalとされ、25度の本格焼酎一合(180ml)は248kcalあります。
「単式蒸留焼酎(乙類焼酎)」です。紫蘇は、葉はもちろんのこと花や実も薬味などに使われる日本人にはとてもなじみのあるハーブです。その紫蘇を使って北海道でつくられはじめました。紫蘇のイメージそのままのさわやかな喉越しが楽しめる焼酎です

アルコールが分解される途中の物質(アセトアルデヒド)が、顔が赤くなったり二日酔いを引き起こす原因です。

ほとんどの本格焼酎は麹米に日本米(ジャポニカ種)を使いますが、泡盛はタイ米(インディカ種)、しかも砕いたタイ米を使います。

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://hrtho.com/cms/mt-tb.cgi/55

▼ トマト酢生活▼ 50歳以上の2人に1人が血圧が高めと言われています。 トマト酢生活はトマトから生まれた「お酢」のトクホ飲料。1本の中に15,00... 続きを読む

コメントする

このブログ記事について

このページは、kowataが2013年12月20日 06:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「お酒の雑学 | まいこ北海道スウィーツ」です。

次のブログ記事は「お酒の雑学 | ベルーナグルメショッピング」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12