ワイン通販「ワイナリー和泉屋」 |お酒の雑学 | ワイン

| コメント(0) | トラックバック(0)

[ワイン通販「ワイナリー和泉屋」 |お酒の雑学 | ワイン]

ワイナリー和泉屋

通信販売でワインやお酒のことなら業界老舗といわれるワイン通販『ワイナリー和泉屋』にお任せ下さい。 通販ならではの豊富な情報量と、カリテ・プリなワインの販売には自信があります。 カリテ・プリとは品質(カリテ)と価格(プリ)のバランス が優れているワインのことを指します。

ワイナリー和泉屋

ワイナリー和泉屋

[お酒の雑学]

・記録(「朝鮮王朝実録」より)に残っているものでは、1404年と1407年に朝鮮の太宗から対馬領主宗貞茂へ送られた焼酎があるようです。対馬といえば、長崎県の島です。
・二日酔いに良いと言われているツボ=太衝(たいしょう) 親指と人差し指の骨が合わさったところ。飲み過ぎて低下した肝機能を高めてくれます。

・常圧蒸留 ・普通に湯を沸かすように90℃~100℃まで加熱する。沸点の高い成分が一緒に抽出されるため芳醇な風味を持つ焼酎が出来る。

・焼酎における、「蒸留」とは、水とアルコールの沸点の違いを利用してよりアルコール度数を高める工程です。水の沸点は100℃。沸点が79度であるエチルアルコールが水分より早く蒸気になり、この蒸気を冷やして集めることでアルコール濃度の高い液体を得ることができます。

・焼酎造りに欠かせない麹は、自然界に生息するカビの一種です。

シャトー・カロン・セギュール [2000] サン・テステフ第3級


・漬けすぎた魚の味は、"タマザケ"でもう一度復活させることができるのです。

・沖縄の泡盛は、砕いた米を水で洗って、蒸したものに黒麹(アルベルギルス・アワモリ)を植え、麹を造ります。

・焼酎検定とは・焼酎の魅力を消費者のみなさまに知って頂く機会を広く提供し、

・大航海時代、コロンブスをはじめ探検家は、腐りやすい水の代わりにビールを飲料水として飲んでいました。

・心臓病や高血圧の予防になるなど、効用のほどは広く知られているところです。

第3回日本ワイン検定

ワイナリー和泉屋

・仕込みをする職人を「杜氏」というが、その語源は「刀自」という言葉に由来する。
・漢方の生薬には古来より、焼酎で煎じたり、用いられてきたものも多い漢方薬と同様の薬効を持っている。

・1日あたり日本酒で1合以下の飲酒者は、まったく飲まない人よりも死亡率が低いことがわかりました。

・ねぶり箸...箸についた物を口でなめてとること。

・吟醸酒とは、精米歩合が60%以下の白米と米麹および水と醸造アルコールを原料として低温で時間をかけじっくり発酵させたお酒です。

・ワインは「気軽な味わいから、濃厚で豊潤な味わいへ」と覚えておくといいでしょう。

・ビールやおつまみでお腹が一杯になっているのにラーメンが食べたくなるのは、アルコール分解時に血糖を消費するから。

・ワインを専用のワイングラスで飲むにはそれなりの理由があります。

・寝酒については、雑学大事典「寝酒」でも触れているとおり、あくまでも「適量」が第一、

・もちろん「単式蒸留焼酎(乙類焼酎)」です。まろやかでフルーティーな風味が楽しめます。育毛にも効果があるともいわれています。

ワイナリー和泉屋

[タグ]お酒,雑学,焼酎,日本酒,グルメ,ワイン,ビール

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hrtho.com/cms/mt-tb.cgi/65

コメントする

このブログ記事について

このページは、kowataが2014年1月11日 10:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「 ワイン通販 |お酒の雑学 |ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)」です。

次のブログ記事は「あの銘酒がここにはある!銘酒販売【プレミアクラブ】 |お酒の雑学」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12