かに、カニ、蟹!「北国からの贈り物」 |お酒の雑学

| コメント(0) | トラックバック(1)

[かに、カニ、蟹!「北国からの贈り物」 |お酒の雑学 | ]

■5年連続 楽天ショップ・オブ・ザ・イヤ─受賞■ 「北国からの贈り物」です。

北海道を中心とした旬のグルメをたくさん取り揃えており、

中でもカニに関してはどこのお店にも負けません!

ここだけのお話ですが、冬のカニは半端じゃないぐらい売れます!

冬はカニで大フィーバー!

ギフト人気No.1!北国の豪華三大カニセット!

[お酒の雑学]

・ビールは栄養もあることから、長旅で不足しがちな栄養を補うとして、愛飲されていたのです。
・しぼりたて・新酒=しぼったばかりのお酒をすぐ出荷する商品。フレッシュでフルーティな香味が楽しめ、旬の日本酒を味わえます。

・精米歩合 米一粒を玄米の状態からどの位精米したかという表示です.

・ビールのほどよい酔いは、食欲増進につながるだけでなく、精神の緊張をほぐし心の疲れをとってくれます。

・ワインの色は、熟成年数で変化していきます。

・漬けすぎた魚の味は、"タマザケ"でもう一度復活させることができるのです。

・沖縄の泡盛は、砕いた米を水で洗って、蒸したものに黒麹(アルベルギルス・アワモリ)を植え、麹を造ります。

・焼酎にお湯を注ぐと、焼酎のアルコール分子が壊れて、舌への剌激になってしまう。一度、飲み比べてみるとよい。

・キリストが「パンは我が肉、ワインは我が血」という言葉を残したのは有名な話

・チャンポンは、違った種類のお酒を口にする事をいい、良く悪酔いすると言われておりますが、根拠はありません。

・アセトアルデヒトはさらに酸化されて酢酸になりますが、ここで働く酵素を欠いていたり、その働きが弱かったりする人がいます。
・眠り込んでしまう程の過度の飲酒は、脳への負担が大きく大変に危険です。

・ワインをおいしく感じるかどうかは、値段に比例するわけではありません。

・アルコールにはこの抗利尿ホルモンを抑える働きがあり、そのためにトイレが近くなってしまうのです。

・焼酎の「焼」という文字は、モロミを加熱、沸騰させてつくるという蒸留酒の基本的な作業をさしています。また「酎」は濃い酒という意味です。日本では、長い間「焼酒」と「焼酎」が混用されていたようですが、18世紀ごろから「焼酎」という表現が定着したとされています。なぜ「酒」が「酎」になったのか、一説によると「酒」は中華音で「チュウ」と発音されているところから、日本では字義と音訓を混同して使われるようになり「焼酎」が定着したのではないかと言われています。

・ビールを飲む前に、牛乳を飲むと胃の粘膜が保護されることでアルコールの吸収が緩やかになり、悪酔い防止に役立つと言われています。また

・ワインは1週間から1ケ月くらい寝かせておくのがベターです。

・お湯を先に入れた方がグラス全体がほんのりと暖かく感じられることや、焼酎を注いだ時まんべんなく混ざること、さらには口当たりがまろやかになることなどが理由の一つだと思います。

・ちなみに焼酎甲類は、ホワイトリカーとか新式焼酎とも呼ばれ、連続式蒸留機で繰り返し蒸留され、アルコール度数は36度未満、エキス分か2度未満のものです。

・込み箸...口にほおばったものを箸で奥に突っ込むこと

[タグ]お酒,雑学,焼酎,日本酒,グルメ,ワイン,ビール,かに,カニ,蟹

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://hrtho.com/cms/mt-tb.cgi/67

▼かに、カニ、蟹!「北国からの贈り物」▼ ■5年連続 楽天ショップ・オブ・ザ・イヤ─受賞■ 「北国からの贈り物」です。 [お酒とグルメの雑学] ・仕... 続きを読む

コメントする

このブログ記事について

このページは、kowataが2014年1月14日 13:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ワインショップ e-shop WINE MARKET PARTY」 |お酒の雑学 |ワイン関連グッズ」です。

次のブログ記事は「ミネラルウォーター ウォーターサーバー |お酒の雑学/富士桜命水 | 富士山の麓から天然水をお届けします。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12