宝酒造 こだわりのお酒|お酒の雑学/ こだわりギフト特集|宝酒造オンラインショップ

| コメント(0) | トラックバック(1)

[宝酒造 こだわりのお酒|お酒の雑学/ こだわりギフト特集|宝酒造オンラインショップ]



ここでしか買えない限定の「本格芋焼酎」や「梅酒」などこだわりのお酒を豊富に品ぞろえ。

詳細はこちらの公式サイトへ⇒宝酒造オンラインショップ


Web限定のお酒や自然の恵みで育てた安心安全な食材をお届け!

宝酒造のWEBショップ。ここでしか買えない限定の「本格芋焼酎」や「梅酒」などこだわりのお酒を豊富に品ぞろえ。

5千円以上のお買い上げで送料無料。着日時間指定可能。

宝酒造オンラインショップは、宝酒造が運営する公式ショップです。

こだわりのお酒を提供する「宝こだわり酒蔵」ワイン専門店「ワインスペシャリテ」安全安心食材、調味料を提供する

「美味安心屋」を展開しています。こだわりギフト特集のページです。
ご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

宝酒造オンラインショップ「宝こだわり酒蔵」

[お酒の雑学 26]

・古代エジプトでは「飲むパン」と称されるほど栄養素が評価され、わが国では明治初期に薬局にて販売されていたというビール。
日本に缶ビールが登場したのは昭和33年のこと。当時は瓶ビールのほうがおいしいと言われていましたが、技術の発達により、今では、瓶も缶も味は変わらなくなりました。

・ワインが熟成していくと、タンニンや色素などのぶどう成分が不溶性になって沈殿し、澱ができます。

・ビールのほどよい酔いは、食欲増進につながるだけでなく、精神の緊張をほぐし心の疲れをとってくれます。

・ワインの色は、熟成年数で変化していきます。

・純米吟醸酒・純米大吟醸酒=吟醸酒及び大吟醸酒(吟醸酒のうち、精米歩合50%以下の原料白米を使って製造し、固有の香味及び色沢が特に良好なもの)

・ラーメンにはイノシン酸が多く含まれ、お酒を分解する酵素の働きを助けます。

・ワインはキリストの血と考えられ、キリスト教の儀式にはワインは欠かせないものとなったのです。

・キリストが「パンは我が肉、ワインは我が血」という言葉を残したのは有名な話

・貴醸酒(きじょうしゅ)=製造時、仕込水の半量あるいはその一部を清酒に置き換えて仕込み.

詳細はこちらの公式サイトへ⇒宝酒造オンラインショップ「ワインスペシャリテ」

[お酒の雑学 27]

・ビールは栄養もあることから、長旅で不足しがちな栄養を補うとして、愛飲されていたのです。
・酒の中に不純物があると悪酔いするといわれています。焼酎は、蒸留酒なので混ざりものがありません。日本酒やワインなどにくらべて「酔い覚めが爽やかだ」といわれます。

・ワインを注ぐときにグラスに入ると味が悪くなるため、瓶の底をあげ底にすることで、底のドーナツ部分のくぼみに澱が沈殿し、外に出にくい仕組み

・冷卸(ひやおろし)[生詰め]=秋に一夏熟成させた新酒を貯蔵桶からそのまま樽詰めしたもの。現在では出荷の時に加熱処理をせずにビン詰めしたものを言います。

・お寿司には、おすすめのワインは、キリっと冷やした辛口の白ワイン。

・ワインは「気軽な味わいから、濃厚で豊潤な味わいへ」と覚えておくといいでしょう。

・ワインをお店から買ってきたら、すぐに飲まないで、家で少し休ませるのがポイント。

・「単式蒸留焼酎(乙類焼酎)」です。紫蘇は、葉はもちろんのこと花や実も薬味などに使われる日本人にはとてもなじみのあるハーブです。その紫蘇を使って北海道でつくられはじめました。紫蘇のイメージそのままのさわやかな喉越しが楽しめる焼酎です

・牛乳を原料としてつくられる焼酎のことです。

・貴醸酒(きじょうしゅ)=製造時、仕込水の半量あるいはその一部を清酒に置き換えて仕込み.

詳細はこちらの公式サイトへ⇒5千円以上で送料無料。チルド配送可。

[タグ]お酒,雑学,焼酎,日本酒,グルメ,ワイン,ビール,宝,宝酒造

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://hrtho.com/cms/mt-tb.cgi/76

▼宝酒造オンラインショップ▼ 5千円以上のお買い上げで送料無料。着日時間指定可能。 宝酒造オンラインショップは、宝酒造が運営する公式ショップです。 ... 続きを読む

コメントする

このブログ記事について

このページは、kowataが2014年2月14日 10:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ウォーターサーバー 宅配水 |お酒の雑学/コスモウォーター│天然水のウォーターサーバーNo.1」です。

次のブログ記事は「ケーキの宅配・通販 |お酒の雑学/ピクトケーキ - 誕生日ケーキの宅配・通販」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12