郵便局 ネットショップ |お酒の雑学/ホワイトデーのお返しギフトは郵便局のネットショップで

| コメント(0) | トラックバック(0)
[ 郵便局 ネットショップ |お酒の雑学/ホワイトデーのお返しギフトは郵便局のネットショップで

郵便局のネットショップでは、皆様のニーズに合わせまして様々な商品を取り扱っております。

詳細はこちらの公式サイトへ⇒ふるさと小包

サイト説明

詳細はこちらの公式サイトへ

↓    ↓    ↓

体験ギフトカタログ【郵便局】

[お酒の雑学 30]

・ビールが最もおいしいのは、製造された瞬間なので、できるだけ早めに飲みましょう。
・サトウキビからつくられた黒糖を原料としてつくられる焼酎のことです。もちろん「単式蒸留焼酎(乙類焼酎)」です。

・二日酔いに良いと言われているツボ=行間(こうかん) 親指と人差し指の付け根にあります。太衝と同じく肝臓のツボで、のぼせや吐き気にも効果 的です。

・自動車の不凍液などは、アルコール分を主成分としている、「アルコールは凍りにくい」という性質を利用しているわけです。

・清酒(アルコール分約15度)だと、凍る温度はマイナス7℃くらい 水の氷点が0度なのに対し、純粋なアルコール(エタノール100%)は、なんとマイナス114.5度にならないと凍らないそうです。

・ビールを飲む前に、牛乳を飲むと胃の粘膜が保護されることでアルコールの吸収が緩やかになり、悪酔い防止に役立つと言われています。また

・ワインは30分~数時間程度置いてから、飲むと良いと言われています。

・お湯を先に入れた方がグラス全体がほんのりと暖かく感じられることや、焼酎を注いだ時まんべんなく混ざること、さらには口当たりがまろやかになることなどが理由の一つだと思います。

・日本酒:きき酒師(日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会《SSI》認定) きき酒師受験資格認定講習会を受講後(2001年は、全国各地で9/12~27に開催。

・本醸造酒=精米歩合70%以下の白米、米麹、少量の醸造アルコール(白米重量の10%以下)及び水を原料として製造した清酒で、香味及び色沢が良好なもの。

詳細はこちらの公式サイトへ⇒郵便局おすすめ特集・イベントカタログ

[お酒の雑学 31]

・原酒=日本酒は、アルコール度数を調整するために、醪(もろみ)を搾った後に水を加えますが、この加水を行わないお酒のことを原酒といいます。
・「恵比寿ガーデンプレイス」はこのビール工場の跡地に建てられたものです。

・アイスワインとは、一言で言えば「凍った完熟ブドウから造るワイン」のこと。

・麦焼酎は、すっきりした昧の辛目タイプの焼酎だ。麦のこうばしい香りが、野菜炒めなど炒めものと相性がいい。

・甲 類(ホワイトリカー) 安くて無色透明でアルコールのにおいが感じられず、ほのかな甘みと丸味があり、全体として爽快な味わいが楽しめます。梅酒など、家庭用果実酒の原料としてホワイトリカーとして名付けられています。

・お酒は冷凍庫に入れておいても、シャーベット状にはなるものの凍らない。

・サトウキビからづきる黒糖焼酎は、ワインのようなフルーティな香りの焼酎。黒糖焼酎は、すきやきや焼き鳥(タレ)、肉じゃがなどの甘めの醤油味の料理とあう。

・お酒は適量ならば、もちろん男女を問わず「百薬の長」となり得るものです。

・ちなみに焼酎甲類は、ホワイトリカーとか新式焼酎とも呼ばれ、連続式蒸留機で繰り返し蒸留され、アルコール度数は36度未満、エキス分か2度未満のものです。

・ギネスビールの社長が、酒を飲んでいた時に「最も速く飛ぶ鳥は何か」という話題で盛り上がり、「世界記録の話を集めた本を作ろう」と思ったのがきっかけ。

詳細はこちらの公式サイトへ⇒郵便局のネットショップ(割引商品)

[タグ]お酒,雑学,郵便局 ネットショップ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hrtho.com/cms/mt-tb.cgi/79

コメントする

このブログ記事について

このページは、kowataが2014年2月20日 08:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「生活雑貨 インテリア家具 |お酒の雑学/生活雑貨|スクロールの家具・インテリア・収納の通販サイト」です。

次のブログ記事は「ノンオイルフライヤー ツイスパソーダ |お酒の雑学/グリーンハウスストア|PC周辺機器の通販ショップ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12