ソムリエ資格・試験 |お酒の雑学/自由が丘ワインスクール

| コメント(0) | トラックバック(0)

驚異の合格率86%!!自由ヶ丘ワインスクール

詳細はここをクリック公式サイトへ⇒自由が丘ワインスクール



2010年度ベーシッククラス《ステージ1ついに募集スタートです! 当スクールにおいて長年高い合格率を誇る資格試験対策講座です。

「ワインの勉強」というとかしこまった感じに聞こえますが、「ワインを美味しく飲む方法を知る」という感覚でいらしていただくのが1番です。

よりワインを美味しく飲むために、半年間で基礎的な知識を身につけることが出来るクラスです。

今年から5月スタートクラスが出来ましたので、新しい季節に何か新しいことを始めたいという方、お気軽にご参加下さい!

詳細はこちらの公式サイトへ

↓    ↓    ↓

ワインスクール

[お酒の雑学*]

・麺類の蕎麦をつくるものと同じ穀類のソバの実を原料としてつくられる焼酎のことです。もちろん「単式蒸留焼酎(乙類焼酎)」です。
・黄麹 ? 日本酒を思わせるフルーティーな味わい。芋の香りは抑え目だが、淡麗で気品ある一品に仕上がるのが特徴。


・常圧蒸留 ・普通に湯を沸かすように90℃~100℃まで加熱する。沸点の高い成分が一緒に抽出されるため芳醇な風味を持つ焼酎が出来る。


・焼酎またはアルコールに米麹と蒸したもち米を加えて、20~30度に保温した状態で2~3か月間熟成させる。こうしてできあがったものが本みりんとなる。


・焼酎は、熱を加えることで、アルコールや香りはとんでしまうが、野菜や肉の旨味を引き出し、一味ちがった料理ができあがるはず。一度、料理酒として使ってみたい。


・日本酒は酵母の働きにより生成されますが、この酵母を純粋培養したものが酒母であり別名を「もと」といいます。


・紫蘇(しそ)の葉を原料としてつくられる焼酎のことです。


・「事前に牛乳やチーズを食べておくと胃に膜が出来て酔わなくなる」と言われますが、胃に膜が出来るというのは当てはまりません。


・ワインより本格焼酎のほうが血液サラサラの効用が高い、本格焼酎にはポリフェノールを上回る効果かおるのだ。


・蒸留酒の中で唯一、食中酒として楽しめるのが本格焼酎です。基本的には料理を選ばず、どのような料理にも合わせることができます。


詳細はこちらの公式サイトへ

↓    ↓    ↓

驚異の合格率86%!!自由ヶ丘ワインスクール

[お酒の雑学18]

・ビールは栄養もあることから、長旅で不足しがちな栄養を補うとして、愛飲されていたのです。
・ビールは最初の一口がいちばんおいしいですが、飲んでいるうちに、喉越しが悪くなってきます


・個人の好みやシチュエーションでワインのおいしさは変わるのです。


・昔、日本酒は大樽から量り売りされていましたが、手間と品質の問題から、明治11年、瓶詰の日本酒が登場しました。


・お寿司には、おすすめのワインは、キリっと冷やした辛口の白ワイン。


・ワインは料理との相性だけでなく、飲む順序も大事です。


・ワインは1週間から1ケ月くらい寝かせておくのがベターです。


・グラスに足がついているのは、持ったときの手の温度でワインの温度が変わらないようにするため。


・ワイン消費大国であるフランスとイタリアの1人当たりの消費量は、年間約60リットル。1週間に1本以上は飲んでいる計算です。


・湿度が低い冷暗所では、半年間は味がほとんど変わりませんが、日の当たる場所に置くと、わずか2日で「日光臭」という嫌な臭いがついてしまいます。


詳細はここをクリック公式サイトへGoo⇒ワインスクール

[タグ]お酒,雑学,焼酎,日本酒,グルメ,ワイン,ビール

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hrtho.com/cms/mt-tb.cgi/89

コメントする

このブログ記事について

このページは、kowataが2014年3月10日 10:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ワイン,ショップ 通販 |お酒の雑学/ワイン・ショップ、イーエックス 」です。

次のブログ記事は「高価買い取り査定・お酒買取 |お酒の雑学/お酒買取専門店ファイブニーズ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12