お酒買い取り |お酒の雑学/ワイン買取り専門の買蔵

| コメント(0) | トラックバック(0)

お酒の買取りは全国に出張買取が可能な買蔵へお任せください

詳細はここをクリック公式サイトへ⇒古酒、ワイン買取専門の買蔵


詳細はこちらの公式サイトへ

↓    ↓    ↓

買蔵のお酒買取専門サイト

[お酒の雑学*]

・二日酔いに良いと言われているツボ=足臨泣(あしりんきゅう) 薬指と小指の骨をたどって合わさったところ。消化吸収に関連があり、胃酸の出過ぎを防ぎます。
・「白子酒」。 白子とは、フグの精巣のことで、白子酒はこれに煮えるくらい熱い酒を注いでいただくものです。

・【生姜酒】...冷え症の方へ 生姜をすりおろして日本酒に加え、お燗をしてできあがり。冷え性に抜群の効果です。

・自動車の不凍液などは、アルコール分を主成分としている、「アルコールは凍りにくい」という性質を利用しているわけです。

・生一本(きいっぽん)=純米酒で自社蔵(単一の製造場)でのみ醸造したお酒

・純米吟醸酒・純米大吟醸酒=吟醸酒及び大吟醸酒(吟醸酒のうち、精米歩合50%以下の原料白米を使って製造し、固有の香味及び色沢が特に良好なもの)

・グリーン日本、日本酒のオンザロックに、グリーンミントを少量プラス。

・ワインエキスパート(⑳日本ソムリエ協会認定《J.S.A》) 1996年に設定されたばかりの新しい資格。

・純米酒=精米歩合70%以下の白米、米麹及び水を原料として製造した清酒で、香味及び色沢が良好なもの。

・さぐり箸...汁物などをいただくとき、器の中を箸でさぐること

詳細はこちらの公式サイトへ

↓    ↓    ↓

お酒各種、高価買取中!

[お酒の雑学18]

・原酒=日本酒は、アルコール度数を調整するために、醪(もろみ)を搾った後に水を加えますが、この加水を行わないお酒のことを原酒といいます。
・「甲類焼酎」と「乙類焼酎」。ニの分類名は、いかにも乙類が劣っているかのようなイメージを受ける。

・常圧蒸留 ・普通に湯を沸かすように90℃~100℃まで加熱する。沸点の高い成分が一緒に抽出されるため芳醇な風味を持つ焼酎が出来る。

・麦焼酎は、すっきりした昧の辛目タイプの焼酎だ。麦のこうばしい香りが、野菜炒めなど炒めものと相性がいい。

・焼酎は二日酔いになりにくい、焼酎は蒸留酒なので不揮発成分が少なく、アルコールの処理能力が低下しないことから酔い覚めがよいという。

・沖縄の泡盛は、芳醇な香りとここちよい刺激のある昧だ。豚肉料理と泡盛を一緒に飲みたい。

・正しい焼酎にお湯を注いだものより、お湯に焼酎を注いだものの方が、味わいがまろやかに感じるはずだ。

・発泡清酒(はっぽうせいしゅ)=シャンパンのように立ち上る泡が楽しい冷用酒。

・人肌程度の温めのお湯で割ると、焼酎の風味がいちばん引き立つ。お湯の温度にも気を使うと、より一層おいしくなるので、ぜひ試してみよう。

・もちろん「単式蒸留焼酎(乙類焼酎)」です。まろやかでフルーティーな風味が楽しめます。育毛にも効果があるともいわれています。

詳細はここをクリック公式サイトへGoo⇒酒 買取

[タグ]お酒,雑学,焼酎,日本酒,グルメ,ワイン

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hrtho.com/cms/mt-tb.cgi/91

コメントする

このブログ記事について

このページは、kowataが2014年3月14日 04:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「高価買い取り査定・お酒買取 |お酒の雑学/お酒買取専門店ファイブニーズ」です。

次のブログ記事は「焼肉ライスバーガー 焼肉のたれ |お酒の雑学/叙々苑プレミアムショップ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12