信楽焼老舗窯元の焼酎サーバー |お酒の雑学/信楽焼 明山窯

| コメント(0) | トラックバック(1)

メッセージカップ~ペアセット~ご両親へ感謝のメッセージ入りフリーカップをペアで贈りませんか?

詳細はここをクリック公式サイトへ⇒創業400年余。窯を焚き続けた信楽焼窯元・明山窯のウェブショップ


【創業400年余り】窯を焚き続けた信楽焼窯元・明山窯のウェブショップ販売プロモーション。
信楽焼老舗窯元の焼酎サーバー、干支、土鍋、やきもののふくろう、雛人形、五月人形、兜、照明、置物、インテリア水槽など、ギフトに最適な商品を販売しています。

詳細はこちらの公式サイトへ

↓    ↓    ↓

母の日・父の日に信楽焼ギフト。

[お酒の雑学*]

・二日酔いしないための飲み方=空腹時の飲酒は避ける 。
・しぼりたて・新酒=しぼったばかりのお酒をすぐ出荷する商品。フレッシュでフルーティな香味が楽しめ、旬の日本酒を味わえます。

・生酒(なまざけ)=製成後一度も加熱処理されていないお酒。しぼり立ての新鮮な味と香りが残っています。

・アルコールにはこの抗利尿ホルモンを抑える働きがあり、そのためにトイレが近くなってしまうのです。

・清酒(アルコール分約15度)だと、凍る温度はマイナス7℃くらい 水の氷点が0度なのに対し、純粋なアルコール(エタノール100%)は、なんとマイナス114.5度にならないと凍らないそうです。

・トンカツとキャベツ...アルカリ食品のキャベツが、酸性に傾くのを防止。また、キャベツには胃腸障害に効くビタミンUが含まれ、油分の消化吸収を助ける。

・ビアテイスター(日本地ビール協会認定《JCBA》) 日本地ビール協会に会員登録後、受験資格が得られ。

・「かに酒」: ゆでたカニの甲をはずし、外子を箸で取り出し、卵とともに酒呑みに入れて熱燗を注ぎ、しばらくして頂く。

・女性は男性に比べ身体も肝臓も小さく、女性ホルモンがアルコールの分解を遅らせる働きがあるなどの理由から、アルコールの害を受けやすいのだそうです。

・込み箸...口にほおばったものを箸で奥に突っ込むこと

詳細はこちらの公式サイトへ

↓    ↓    ↓

『ありがとう』を信楽焼ギフトで...

[お酒の雑学18]

・原酒=日本酒は、アルコール度数を調整するために、醪(もろみ)を搾った後に水を加えますが、この加水を行わないお酒のことを原酒といいます。
・いも焼酎は、さつまいもり香りが強いため、かき揚げやてんぶら、鶏の唐揚げなどの揚げ物や、切り干し大根、おでん、いもの煮ころがしなど、煮物のしっかりした味付けの料理があう。

・本醸造酒とは、精米歩合が70%以下の白米と麹、醸造アルコール、水を原料とした日本酒で醸造アルコールの量を白米の総重量の10%以下と定められています。

・焼酎における、「蒸留」とは、水とアルコールの沸点の違いを利用してよりアルコール度数を高める工程です。水の沸点は100℃。沸点が79度であるエチルアルコールが水分より早く蒸気になり、この蒸気を冷やして集めることでアルコール濃度の高い液体を得ることができます。

・甲 類(ホワイトリカー) 安くて無色透明でアルコールのにおいが感じられず、ほのかな甘みと丸味があり、全体として爽快な味わいが楽しめます。梅酒など、家庭用果実酒の原料としてホワイトリカーとして名付けられています。

・栗を原料としてつくられる焼酎のことです。もちろん「単式蒸留焼酎(乙類焼酎)」です。宮崎県の佐藤焼酎製造場が、地元産の栗を原料にして1976年からつくられはじめました。現在では、愛媛県など各地の栗特産地でもつくられるようになりました。栗の香りと、まろやかでほのかな甘味を楽しめます。

・「燗」は世界的に極めて珍しい飲み方のようで、他国にて温めて酒を飲む習慣があるのは、ヨーロッパの一部のみといわれています。

・焼酎検定とは・焼酎の魅力を消費者のみなさまに知って頂く機会を広く提供し、

・人肌程度の温めのお湯で割ると、焼酎の風味がいちばん引き立つ。お湯の温度にも気を使うと、より一層おいしくなるので、ぜひ試してみよう。

・チャンポンは、違った種類のお酒を口にする事をいい、良く悪酔いすると言われておりますが、根拠はありません。

詳細はここをクリック公式サイトへGoo⇒お祝い事に信楽焼ギフト

[タグ]信楽焼,兜,ギフト,贈り物,お祝い,オーダー,名入れ

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://hrtho.com/cms/mt-tb.cgi/96

▼創業400年余。窯を焚き続けた信楽焼窯元・明山窯のウェブショップ▼ 信楽焼老舗窯元の焼酎サーバー、干支、土鍋、やきもののふくろう、雛人形、五月人形... 続きを読む

コメントする

このブログ記事について

このページは、kowataが2014年3月17日 04:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「赤ワイン ワインの通販専門 |お酒の雑学/ワインキュレーション 」です。

次のブログ記事は「焼酎・日本酒をつくる熊本県北の酒蔵 |お酒の雑学/>花の香酒造株式会社」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12