2014年4月アーカイブ

2010/2011スイス・ジュネーブで開催された国際発明展示会で金賞と特別賞のダブル受賞新鮮で栄養たっぷり!酵素を壊さない美味しいジュースを飲んでみませんか?

詳細はここをクリック公式サイトへ⇒世界各国で販売台数60万台突破!酵素を壊さないクビンスの低速ジューサー



★低速圧搾

低速度の石臼方式で材料を搾るため

生の酵素が活きている栄養豊富なおいしいジュースを作ることができます。

★低音設計
低速スクリュー回転のため、静かにジュースを作れます。

★ウルテム・スクリュー
食材や環境にやさしいウルテム素材を使用しています。

★お手入れ簡単
本体と部品は簡単に取り外せます。

カッターがないので安心してお手入れできます。

★らくらく操作
力を入れて押し込む必要がありません。

★安全設計
本体が正しく装着されていないと電源スイッチが入らないようになっています。

★強力なモーター

強力なモータは自社内で開発製造しています。

詳細はこちらの公式サイトへ

↓    ↓    ↓

【クビンス】低速ジューサー

[お酒の雑学*]

・日本酒は、他のお酒を飲んだときよりも、通常の体温より2℃ほど高い状態が続きます
・キノコの香りには熟成した赤ワインが良く合うそうですが、さっぱりしたキノコのワイン蒸しと白ワインの組み合わせもおすすめです。


・ワインを注ぐときにグラスに入ると味が悪くなるため、瓶の底をあげ底にすることで、底のドーナツ部分のくぼみに澱が沈殿し、外に出にくい仕組み


・日本酒の一升瓶の登場は明治42年。その後、様々な形の容器で売られるようになりました。


・ワインによく合うネタは、トロをはじめ、貝、ハマチ、サーモンなど、とくに脂の乗った新鮮なものがぴったり。


・純米吟醸酒・純米大吟醸酒=吟醸酒及び大吟醸酒(吟醸酒のうち、精米歩合50%以下の原料白米を使って製造し、固有の香味及び色沢が特に良好なもの)


・ラーメンにはイノシン酸が多く含まれ、お酒を分解する酵素の働きを助けます。


・グラスに足がついているのは、持ったときの手の温度でワインの温度が変わらないようにするため。


・大航海時代、コロンブスをはじめ探検家は、腐りやすい水の代わりにビールを飲料水として飲んでいました。


・日本酒は、他のお酒を飲んだときよりも、通常の体温より2℃ほど高い状態が続きます。


詳細はこちらの公式サイトへ

↓    ↓    ↓

【クビンス】低速ジューサー

[お酒の雑学18]

・ ベルギー・リーフマンズ社の「グリュークリーク」。瓶ごと湯煎にかけて、あたためてからいただきます。
・「白子酒」。 白子とは、フグの精巣のことで、白子酒はこれに煮えるくらい熱い酒を注いでいただくものです。


・涙箸...鍋ものなどから具をとるときに、受け皿を使わずしずくを落とすこと。


・アルコールにはこの抗利尿ホルモンを抑える働きがあり、そのためにトイレが近くなってしまうのです。


・【イチゴ酒】...ビタミン不足の方へ 水洗いしたイチゴと砂糖を日本酒といっしょに漬け込みます。日本酒に色がついたらイチゴを取り出し、飲む時はレモン汁を加えていただきます。ビタミンCがたっぷりです。


・ワインの酸味が利いた和洋折衷カクテルです。


・ヨーロッパでの乾杯も、古代、"神または死者のために"お酒を飲むという宗教的儀式が始まりとなっている特別なものです。


・15分の入浴でビールの酵母が肌にしみこみ、体中がしっとりする。


・刺し箸...器の中の料理を箸で突き刺してとったりすること。


・さぐり箸...汁物などをいただくとき、器の中を箸でさぐること


詳細はここをクリック公式サイトへGoo⇒新鮮で栄養たっぷり!酵素を壊さないおいしいジュースを作るなら・・・


世界各国で大ヒット中のクビンスサイレントジューサー!


[タグ]お酒,雑学,グルメ,クビンス サイレントジューサー,クビンス低速ジュー





旅の常識・旅行の雑学

このアーカイブについて

このページには、2014年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年3月です。

次のアーカイブは2015年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12